2008年10月16日

伊勢旅行記4 内宮

nai1.JPG

いよいよ内宮です。

こちらに、天照大神が、御祀りされています!


nai.JPG

檜造りの宇治橋を渡ります。
橋の上から撮った五十鈴川ですが、雨が降っているせいか、
少々流れが荒いような・・・・

この宇治橋ですが、冬至には、橋の中央から昇るのだとか。
すなわち、鳥居の真ん中を昇っていくそうで。

こういう日にあわせて参拝に来れたら素敵だろうな〜〜。


nai3.JPG

宇治橋を渡って、神苑を歩きます。

本当に、お天気が良くなかったのが悔やまれます。

参道の両脇の緑豊かな松之木を鑑賞しながら、
見事に敷き詰められた玉砂利を踏みしめます。



nai4.JPG


naitemizu.JPG


火除橋を渡り、手水舎で心身を清めます。

この火除橋を渡ると、いよいよ神聖な神様の領域です。
なので、この先(橋の向こう)は、お手洗いがありません〜




一の鳥居をくぐり、五十鈴川御手洗で更に心身を清めたかったのですが・・・



naimitarasi.JPG



雨のお陰で、

いすす、いすす・・・・

というせせらぎは、聞こえませんでした(苦笑)

なので、『清める』には、いたりませんでした(残念!)




naikagura.JPG


さて、ここ内宮の神楽殿です。


ここでは、

御神楽をあげてきましたよ〜〜!!!

生・雅楽は、初めてではないのですが、
こうして自ら御神楽を奉納したのは初めて。

巫女さんの舞が優雅すぎて、もう、うっとり〜
雅楽にうっとり〜

完全に、別世界でした。




naisyouguu.JPG


いよいよ、御正宮です。

石段の下からという撮影条件があるので、
これ以上画像は無いのですが、
先ほどの御神楽で頂いた神宮大麻とお供えを雨から守るため必死だったので、
かなり、ブレブレ画像で、申し訳ないです。。。


ここでも、御垣内参拝をしました。

だって、ここまで来たんですもの。
できるだけ、天照大神に近くありたいじゃないですか〜〜。


やっぱり、ここでも御垣内参拝しているのは私だけで、
VIPを見るような雰囲気でしたが、
(決して私はVIPではない)
きちんとした申し込みさえすれば、
誰だって御垣内参拝は出来るんですよ〜〜。


今回の伊勢の旅全てに通じるのですが、
あらゆる神にお会いするのですが、
個人的なお願い事は、一切出来なかったです。
外宮でも述べたように、

『お会いする事ができて嬉しく思います。
 有難う御座います』

これ以外の言葉が出てきませんでした。




aramaturinomiya.JPG

荒祭宮(あらまつりのみや)です。

ここは、天照大神の荒御霊を御祀りしています。


実は、御正宮から荒祭宮へ向かう石段の途中に

『踏まぬ石』
という、
天の字に割れた石があるのですが、

雨が降っているのもあり、足元がおぼつかなかったため・・・


全く気が付きませんでした(T-T)



下手すると、

『踏んだ石』
になっている可能性が・・・・!!!


ゴメンなさい〜〜〜!!!




kazahinomiyabasi.JPG


kazahinomiya.JPG


風日祈宮橋を渡り、風日祈宮を参拝します。

この風日祈宮橋は、新緑や紅葉の名所になっているのが
心からうなずけるほど、
景色がいいです!!
旅行誌にも紅葉の写真が載っていましたが、
今一度、紅葉の季節に訪れたいものです。




nainiwatori2.JPG

警衛部や参集殿の周りには、沢山のニワトリがいました。

この鶏。
白い鶏は、式年遷宮のお祭で備える『生御調(いきみつぎ)』なのだそう。
生きたまま神様に供えられ、また放されるのだそうです。


このあと、子安神社まで足を運んだのですが、
こちらは割と離れているせいか、
参拝される方が少なかったです。


帰宅後気が付いたのですが、
『滝祭神』『四至神』を参拝していません!

これは、また参拝にいかなくてはいけないという
証でしょうか(笑)



さて、宇治橋を渡り、内宮の門前町である
おかげ横丁へと繰り出します〜








posted by 月流音 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 放浪日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

伊勢旅行記3 猿田彦神社

内宮へ向かう前に、

猿田彦神社へ立ち寄ります。


外宮まえのバス停から、内宮へ向かうバスに乗車した人は、
10名近くだったのですが
(手にしているガイドブックなどからして、ほとんどの方が伊勢参りだと思います)

ここ、猿田彦神社前でバスを降りたのは、私だけでした。


雨が降っていたせいでしょうかねぇ??



saruta.JPG


saruta3.JPG


猿田彦大神は、方角の神様で、
方除け(かたよけ)、災難除け、開運、事業発展などにご利益があるとか。



猿田彦神社を参拝したからには、したかった事があります。


saruta2.JPG

八角形の石で願掛けです〜



まったくもって、コパさんの受け売りですが(笑)


写真の五円玉は、私が願掛けをする前に、
誰かが供えられたようです。



あ、ちなみに私は、

申→子→辰

精神的な安定と財産を手に入れるという願掛けを
この八角形の石にしました。
(詳しくは、コパさんの書籍をご参照下さい)



さて、次はいよいよ、内宮です。
posted by 月流音 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。