2008年07月17日

避暑

あっついι(´Д`υ)毎日が続きます。
特に、我が県は、


あついっ!!!


気温だけの上昇なら、まだマシなんでしょうけれど、
湿度が高いんです。

ので、


蒸し暑い。



木陰にいれば、さんさんと照りつける太陽の日差しは避けられますが、
風が湿気を含んでいるため、
爽やかではないんですよねぇ・・・・。
(たまに、爽やかな風も吹きますが・・・)
じ〜〜〜〜としていても、
なんとなくべた付き、
じわ〜〜〜と汗が出てくるのです・・・・。


そんな中、先週昼からお休みを頂いて(休日出勤の代休なのだ)
避暑地へと出かけていました。


以前にも紹介(?)した
ほとんど県境に近い山間の御蕎麦屋さんに行ってきました。


諸事情で文章中にはお店の名前は出しませんが、
写真で確認してみて下さい(笑)
某雑誌の蕎麦の名店特集にも掲載されていたほど、
有名なお店です。



tokiya1.JPG


実は県の中心街にも支店(?)があるので
わざわざ片道2時間半かけなくても、
美味しいお蕎麦は食べられます。

でも、ここまで出かけるのには理由があって、
何といっても、
お蕎麦を頂く縁側から眺める景色がいいんですよ〜〜。


と言っても、田舎に住んでいますので、
山間なんて、珍しくもなんともないのですが(爆)
個人的に好きなんですよね。
作りこまれていない、自然な感じの縁側が、
ほっとさせてくれます。





駐車場から、上の写真の看板の所を下ります。

tokiya2.JPG



tokiya3.JPG


自然な感じの山道っぽい階段を下りていくと・・・・




tokiya4.JPG


はい。

粋な暖簾が見えてきました。

このなんともいえない隠れ家的な雰囲気が、
喧騒を忘れさせてくれます。



tokiya5.JPG


隣の縁台を撮影しました。

木陰の下で、そば粉100%の
本当に美味しいお蕎麦を頂きます。



この縁台の隅にある石段を更に降りる事が出来るのですが、
更に降りてみると・・・・・



tokiya7.JPG


山間を流れる川の近くまで行く事が出来ます。
多分、川まで降りられるのでしょうけれど、
如何せん、本当に山間の川なので、
大きな岩がごろごろしています。
なので、下(川)まで降りようとするのは、ちょっと危険かも・・・。
(岩からすべり落ちてしまいそうなんです。)



tokiya10.JPG

はい。
メインのお蕎麦です(笑)

本当に美味しいんです。
蕎麦の実のほんのり甘い香りがなんとも言えません!!

ここのお蕎麦を頂くと、
しばらくは、普通のお蕎麦を食べる事が出来ないほど。

しゃもじにのっているのは、
蕎麦味噌。
蕎麦の実をお味噌を混ぜたものをしゃもじにのせて、
こんがりと焼いたものです。
香ばしくって、これまた美味しい♪
ご飯が欲しくなります。
(でも、ここはお蕎麦屋さん・・・)



最後に蕎麦湯が出てきます。
さっき頂いた蕎麦ツユに入れて、頂きます。

tokiya11.JPG


お蕎麦が美味しいから、蕎麦湯も美味しい〜〜〜♪
もう、本当に至れり尽くせりです。
完璧です☆
これで、またしばらくがんばろう!!!
って、思うくらい、
心から、胃袋から癒されます(笑)


あ〜〜〜ブログを書きながら、また食べに行きたくなりました。
ただ、本当に遠いので・゚(つД`)゚・。
たまにしか行けないですけどね。

でも、だからこそ!!の
醍醐味かもしれません。
posted by 月流音 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。