2008年09月10日

伊勢旅行 1

思いつきではない。

実は、3年前、仕事を辞めたときに行きたいと思っていた。
その時は、仕事を辞めたから時間はたっぷりとあったのだが、
なんとなく、行ける様な状態ではなかった。

それが今回、なんだかとんとん拍子で、スケジュールが決まった。
ま、一人旅なのだから、私の心構えヒトツなんだけど(爆)


伊勢を旅するに当たって、
『まっぷる』や『るるぶ』などの旅行誌だけでなく、
今回は、風水師の小林祥晃さんや、江原啓之さんの出されている書物も
参考に、スケジュールを組んでみた。






朝一番の飛行機に飛び乗って
(今回初めて、携帯バーコードで、チケットレスで飛行機乗ったよ)
リムジンバスで難波まで。

うまく時間通りに着けば昼前には伊勢に着ける電車に乗れるハズだったんだけど・・・・



途中、高速で事故発生!!!



・・・・40分遅れで、難波に着いた。。。



走って、走って、ぎりぎり予定していた便より
1本遅い電車には乗れたから、まぁ、ラッキーとしよう。

ise1.JPG


ise2.JPG


↑↑
分かります?チケット購入時刻が
10:26で、
難波発が、
10:30

ぎりぎりです。






予定していた便では、
特別車両があって、
ゆったり席を利用するはずだったんだけれど、
この便には、特別車両がない。

ので、お隣に、人がいるのねん。。。


ちょっと小さくなりながら
伊勢までの道のりを
iPodで自分の世界へと入る。




予定では、伊勢は雨。
でも、難波は晴れていたから、曇り程度かなぁ〜〜と
甘い期待を♪




そんな甘い期待は裏切られ(T-T)

しっかりと雨でした。。。



ise3.JPG

伊勢市駅から、外宮へ向かう途中なのですが・・・
わかります??
雨、降っているの・・・・。





外宮、内宮と、お参りする途中で、食事をしたくなかったし、
丁度お昼の時間帯だったので、

外宮へ向かう前に、
腹ごしらえを。



事前に調べておいた、
伊勢うどん 中むら さんへ Go!

isenakamuraya.JPG


実は、わたし、うどんで有名な某県のおとなりにすんでいるため、
うどんには、うるさいです。
たまに、うどんを食べに、某県まで行くこともあります。
それほど、某県のうどんは、美味しいんですよ〜〜。


でも、伊勢と言えば、伊勢うどん。

わたしは、古きよき文化(食文化も含めて)を良しとしているので、
喫茶店(カフェ含む)で食事って、勿体無いって思うんですよね。

その土地ならではの食文化に触れないと!


話をもどして(笑)
中むらさんの 伊勢うどんです。

iseudon.JPG


釜揚げ(?)されたあつあつのうどんに、
地元産のたまり醤油と三河産の生醤油をブレンドして作るコクのあるタレが
かかっております。

ちょっと、この黒いタレに、ビビりましたが(爆)

どれどれ〜〜

食してみると、


うま!!!

黒タレ=しょっぱい
っていう固定観念は、捨てないとダメですね。

甘みのあるタレは、クセになりそう♪

ねぎがもっと欲しかったのですが
(タレとねぎの相性が抜群!)

タマゴ入りの玉子うどんにしなかったのが悔やまれます。。。

これに、さらに玉子の黄身がまざったら・・・・
あぁぁぁ〜〜〜もっとおいしいかっただろうなぁ〜〜。


えと、、、某県のうどんとは、比較しません。
伊勢うどんには伊勢うどんのよさがあるって、
思いましたから。



お腹も満たしたので、
外宮へと向かいます。



つづく・・・・・
posted by 月流音 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106365237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。