2007年09月09日

山奥の避暑地

この猛暑を避けるため、
先日、避暑地へと出かけていました。


某雑誌『男○隠れ家』に載っていた、
山奥のお蕎麦屋さんです。


この狭い田舎県にも、まだまだ行っていない所って、
沢山あるものです。
場所を見て、
『え??ここ、どこ???』
でしたから(笑)


雑誌によると、夏でもクーラーがいらないほど涼しいとか。


雑誌を見たときは一目ぼれで、
『行きたい!!』と思ったんだけど、
ただ、この猛暑・・・。
この中ドライブもねぇ〜〜〜と思っていたんだけど、
この一言を信じて(笑)
出かけたのでした。



元々山の多い、我が県なので、山道は慣れているのですが、
遠い・・・・。


いわゆる『街』から、山に向かっているのだけれども、
行けども行けども、目的地に着かない・・・・。
ナビを頼りに車を走らせているので、いずれ到着するのだろうケド、
車の運転も飽きたよなぁ・・・と思っていると、
ナビが、
『目的地周辺に着きましたので、音声案内を終了いたします』
などと言う。
しかし、そこは、まだまだ国道。
国道から更に山道へと入った所のハズなんだけど・・・・(汗)

しばし不安になる(大汗)

本当にこの辺りなのか???

スピードを落として周辺に山道へと続く分かれ道はないかと探していたら、
目的の蕎麦屋さんの看板を発見!!


・・・・小さい・・・・・


これでは、見逃してしまうよ・・・と言うくらい、
小さな看板が・・・・。



とりあえず、山道へと入った。


雑誌によると、狭い山道。
覚悟はしていた。
でも、狭い山道は、慣れている。
多分、何とかなるだろう。そう、思っていたら、
あれあれ???
これで『狭い』っちゅうのか???

余裕で、山の中へと突き進めるではないか。

なんだなんだ〜〜〜。
覚悟していたから、気が抜けた。

山道へ入って約5分ほどであっただろうか。

蕎麦屋さんの駐車場と書いてある看板を発見。
とりあえず、車を停めたが、肝心のお店が、見当たらない・・・


と、思ったら、


更に、歩いて渓谷の方へと歩くようだ。

看板の示すがまま進んでいくと、
徒歩1分。

DSC03200a.JPG

↑↑このような道を降りてきました。


そして、お店到着!!!

しかも、雰囲気、めっちゃGU!!!!
(諸事情で、お店の暖簾の写っている写真は、ごめんなさい)

入り口には、小川が流れ込んでいます。

DSC03178a.JPG


暖簾をくぐり、案内を受け、縁側の席へと向かうと


おおおおおお!!!!


こりゃぁ〜〜〜風流じゃ!!!!

本当に、クーラーがいらないほど、涼しいし、
緑の間から差し込む太陽の日差しが程よくて、
まさに、避暑地です。



田舎ものが、田舎の風景に感動するのもどうかと思うが(笑)
絶景だ!!!

ただ、申し訳ない。
写真、上手く撮れず・・・・感動を伝えられません・・・・。
(そろそろデジカメの買い替え時でしょうか・・・ 
 ↑↑自分の腕をカメラの機能のせいに摩り替えている・・・)



縁台の前には、野鳥のための餌台が設けられています。
中には、ひまわりの種が。

DSC03187a.JPG



運がよければ、野鳥が餌を食べる所を見られると、書いてあったが、
これまた、運がよかったらしい。
目の前で、野鳥がひまわりの種を食べている〜〜♪

DSC03188a.JPG



座敷席もあるのだけれども、
禁煙とのことなので、縁側にしたんだけれども
(ダーリンは、ヘビースモーカー。)
いやいや、縁側でよかった♪♪



↓↓縁台から座敷席を見た図。
DSC03184a.JPG



↓↓こちらは隣の縁台を見た図。
DSC03182a.JPG




早速、お蕎麦と、胡麻豆腐を頼んだ。


胡麻豆腐。
うまい。
胡麻の風味と、葛の風味が、とってもよい。

DSC03190a.JPG



さてさて、本題のお蕎麦。
食べる前に写真を撮るのを忘れてしまったので、
完全な形ではないが(爆)。。。

ワサビではなく、おろし大根とお葱で頂きます。


つなぎの入っていない100%のお蕎麦。
う〜〜〜ん
この、お蕎麦の香り〜〜たまらん!!!
のど越しもいい〜〜〜〜!!!

DSC03195a.JPG

最高に美味しいお蕎麦です。
しかも、このロケーションです。
文句の付けようが無い!!
長旅(結局、途中高速道路を使用して2時間弱かかった)の疲れなんて、
一瞬にして吹っ飛びます。





デザートに、薄茶を一服♪
ここのご主人の奥様が点てて下さったのですが、
結構なお手前でした。

DSC03196a.JPG





夏なので、周りは緑ばかりだけど、
絶対に、紅葉の季節になれば、更なる絶景が楽しめるハズ。

秋は、新蕎麦が頂けるし♪


紅葉の時期に、また来ようと思います。
posted by 月流音 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54630417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。