2008年01月06日

願い事が叶うゲーム

『願い事が叶うゲーム』

某掲示板から拾ってきました。

是非!やってみて下さい!!!

さて、ここから、掲示板からの貼り付けです!!

*******************



願い事が叶うゲーム





 1行ずつ、ゆっくり読み進めてください。

 先を読むのは厳禁です




このゲームを考えた本人は、メールを読んでから
たったの10分で願い事がかなったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を
貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
たったの3分ですから、ためす価値ありです。

まず、ペンと、紙をご用意下さい。

先を読むと、願い事が 叶わなくなります。









1)まず、1番から、11番まで、

縦に数字を書いてください。

















2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字を、

それぞれにお書き下さい。














3)3番と、7番の横に知っている人の

名前をお書き下さい。


(必ず、興味のある 性別名前を書く事。

 男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)















必ず、1行ずつ進んで下さい。


先を読むと、なにもかもなくなります。












4)4、5、6番の横それぞれに、

  自分の知っている人の名前をお書き下さい。

  これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。















まだ、先を見てはいけませんよ!!















8、9、10、11番の横に、

歌のタイトルをお書き下さい。
















5)最後にお願い事をして下さい。
















さて、ゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。





これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けてください。
そうすれば、願い事は叶うでしょう。





**********************



やってみた方、どうでしたか???

私は、ばっちり☆当たっていました。
最後の『ブログに貼り付ける』のくだりが、
結果を貼り付けるのか、記事を貼り付けるのかわからなかったので、
記事にしました。


心理テストとして、お友達に試してみても♪
面白いかもしれませんね

posted by 月流音 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しと気付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

喘息

気が付いたら、ずいぶんと長い間、
ブログ更新していなかったんだねぇ・・・(汗)

早いもので、もう、桜が咲く季節になりました。
といっても、2月よりも3月に入ってからの方が、
冬っぽいのですが・・・。
しかし、
昨日(日曜日)某さくらの名所の桜が一部咲いていて、
寒くったって、春は、そこまで来ているようです。



大好きな春が来ているのはいいのですが、
どーーーも、
喘息になりかけているようで、
夜も不定期に咳がでて、ぐっすり眠れないせいか、
体調があまりよくありません。。。
仕事していても、一度咳が出てしまうと、
しばらく続いてしまうので、
仕事になりません・・・。
咳が出る以外はいたって健康ですから、
出勤しているのですが、
今日は、昼から、帰されました(爆)。

しかし、不思議です。

時間があまった(?)わたしは、そのまんま、
彼宅へ向かったのですが、
彼と一緒にいる間は、咳、出ないんですよね。
で、家に戻ると、また、咳が・・・・・。


これって・・・・
ストレス・・・・????



実は、先日、家庭内であることがあって、
それ以来、
自分では、もう、解決できたと思っていた
「インナーチャイルド」が、出てきて、
家に居ても、落ち着かないんです・・・。

で、その矢先、咳が出て出て・・・。


咳が止まらないわたしに対して父が放った一言。

「さっきから、ゴホゴホやかましい!」

苦しんでいるヒトに言う言葉でしょうか。。。。


怒りよりも、悲しかった。


無言で、父の耳に入ることのない場所まで行って、
咳をしてしましたが、
悲しすぎて、涙も出なかった。


結局家で思う存分咳が出来ない!という想いが溜まっていたのか、
(必死でこらえていたんですよ・・・)
職場に着いたとたん、
咳が出て出て・・・。

先輩に迷惑を掛けてしまう!!と思えば思うほど、
止まらないんですよねぇ。。。悲しいことに。

結局止まらなかったから、帰されたのですが。。。




咳が出ると言う事は、のどのチャクラが影響している。
幼いわたしは、
両親に対して、言いたいことが何一つ、言えなかった。
欲しいおもちゃがあっても、欲しいと言えず、
「だっこ」や、「おんぶ」といった、甘える事も、
自分の気持ちを何一つ言えなかった。
物心付いてからも、びくびくしながら、自分の気持ちを言っていた。
それでも、それは我侭だと、わたしの言いたいこと全てを聞き入れてくれなくて、
一方的に怒鳴られ怒られるから、
聞き分けのいい「いい子ちゃん」になるしかなかった。
自分の本音を隠すしかなかった。

だからだろう。
わたしは、幼いころからずっと扁桃腺炎に悩まされていた。

言いたいことが言えない。
その抑圧が、
のどのチャクラをおかしくしていた。


少しずつ、インナーチャイルドを解放して、
自分の気持ちを表に出し、
本当の自分を見つけてからは、
扁桃腺炎に悩まされなくなった。
今では辛口コメンテーターにまでなった(爆)

だから、わたしは、全てのインナーチャイルドを解放したと思っていた。

でも、

まだ、

満たされていない幼いわたしが、居たんだね・・・。
posted by 月流音 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 癒しと気付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

他人は自分の鏡

今年に入って部署内での移動があって、
今まで良くして頂いた先輩が、
移動となった。
その代わりに他の先輩が配置されたのだが・・・

実は、今年に入っての、
超!が付くほどの落ち込みは、
新しく配置された先輩が原因だった。

休日出勤もあるため(バイトの私はないが)
その先輩が代休の時は、本当に天国だった。

まぁ、それだけが落ち込みの原因ではないが、
とにかく、その先輩と一緒に仕事をするのが苦痛だった。


大分その先輩の事がわかって来始めて、
その人を『受け入れる』のではなく、
『そういう人だ』と認識するようになって、
その人の事で悩まなくなってきた。

それから更に慣れてきた今日この頃・・・


ひとつの事に気が付いた。



わたしと、その先輩、


似ている・・・



薄々とその事に気が付いてきた時、
その先輩も言った。


「わたし、前から気になっていたけど、

月流音さんと似ているよね



あ〜〜〜〜〜やっぱり〜〜〜〜!!!




先輩もそう言うから間違いないだろう。

だからだろうか。
最近その先輩と話していたら、楽しいのだ(爆)
ぶっちゃけた話も、その先輩になら出来るし。



っつーことは、、、、



わたし、自分に嫌気さしていたのか????





・・・・だろうな・・・。

たぶん、第三者から見たわたしって、
そんなんなんだろうな・・・・。



あ〜〜〜怖い。

今まで、自由きままにやってきたけど、
それって、結構他人に迷惑(?)かけていたのね!!


わたし、その先輩の気ままさに振り回されるのが、
最初、嫌だったので・・・(爆)

今、わたしはバイトちゃんだから、
かなり自分というものを抑えているのだけれども、
元職場では、
彼女と同じ事していたもんなぁ。。。。



ちなみに彼女のだんな様は、事務局長さまです。はい。

つーことは、元職場の私の立場と似ている。。。



あーーー怖い怖い。

我が身の事を知らないって、怖い怖い。



他人は自分の鏡。


ここまで鏡の人と出会うなんて、

思わなかったなぁ。。。
posted by 月流音 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しと気付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

経験と言う宝

私には、私なりの幸せの法則(と、呼べるほどのモノではないが・・・)があるが、
まず、いつも念頭においている事と言えば、
『自分から得る事の大切さ』だ。



誰かの『成功哲学』が、自分に合うとは限らない。
でも、それも、自分で実際にそういった関係の書物を読んで、
自分なりに理解して、実践してみなければ、
合うかどうかさえ、わからない。



そして、決して、『ポジティブキングになる必要はない』と思っている。

落ち込んだって、いいじゃない。

どうも、落ち込むこと=いけないこと

の、図が出来上がっているような気がしてならないが(私だけ??)
それら全てを『悪』にしてしまったら、
わたしは、『悪』の持ち主だ(笑)。
確かに、ネガティブは、不幸を呼んでしまう。
だからだろうけど・・・。


『ありがとうの法則』というものがある。
口に出さなくても、心の中で有難うと何百回、何千回言うだけで幸せになれるというものだ。
でも、有難くもないのに、
『有難う』を連発するのって、どうなんだろう・・・と、私は思うのだ。
まぁ、何でもやってみなくては気がすまない私も、ただひたすら、『ありがとう』を連発していた事があるが、
私は、『ありがとう』の本質が判っていないのに、ただただ『ありがとう』と言っている事に矛盾を感じ始め、更には、『ありがとう』と言う事さえ虚しくなってしまった。
わたしには、ただただ有難うと口にする事が、合わなかったのだ。

『ありがとう』の言葉に大切な事は、やはり、
『感謝の念』である。
どのような場面にも、探そうと思えば、感謝の念は、存在している。
だから、それを可能な限り見つけ、『ありがとう』と言う事にした。
それからだろうか。気が付いたら、自然と『ありがとう』が、わたしの口から出てくるようになった。


人間なら誰しも、心の中に『悪』をもっている。
もし仮に、もっていない人がいるとしたら、それは、仏様か、お釈迦様か、マリア様だろう。
色んな感情を持っているからこそ、人間らしいと言えるんじゃないのか??
下手に、ネガティブな感情に蓋をして、ポジティブな振りして、我武者羅に前を向いたって、ネガティブの本質に焦点を当てていないから、いつか、蓋をして見ないふりをしてきたネガティブが、腐ってしまい、取り出すのが更に困難になっていたなんて事もあるだろう。
ネガティブを、ネガティブとして認め、そして、そんな(感情をもっている)自分を認め、
癒しが必要なら、ヒトツずつ光を当ててあげる事が大切だと、
わたしは思う。
と、言うのが、私自身、ネガティブに蓋をして、見ない振りして、自爆した事があるから(爆)。
ヒトツのネガティブを隠すために、自分じゃない自分を新たにヒトツ作らなくてはいけなくなる。
初めは、新しい自分になることが出来た事に、喜びを感じ、
『これが、ポジティブの効果か〜〜♪』なんて、ウキウキしていたが、
本当の私じゃない私に矛盾が出てきてしまった。
そして、隠していたネガティブに第三者に触れられたとき、自分でも思ってもいなかった反応が出てきた。
自分が知らない間に、蓋をしていたものが、腐って膿となり、以前よりも最悪な状態になっていたのだ。
そのため、更に底へ落ちる羽目になった。
その経験が、今、生かされているから、結果としてよかったのだが、
他者の幸せ法則が、自分に合うとは限らないと知ることとなった、よい経験だ。




※わたしの他のブログ記事の再編です。
 ここに出てくる『法則』ですが、あくまでわたし個人の意見であり、
 それら全てを批判するものではない事を、ご了承下さい。
posted by 月流音 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しと気付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

誰かを好きになるということ。

*****大切な私の友人に、愛をこめて*****


誰かを好きになるって、
本当に素晴らしい事だと思う。

この宇宙の中のこの地球に
昭和、平成という今の時代に生まれ、
更に、世界の中の日本という国に生まれた。
もっともっと言えば、
そのなかのある家庭の父と母から、たまたま女の子として、
生まれた。

一生のうち出会う人って、何人いるのだろう。

一生のうち出会う人って、何億人の中の何人なんだろう。

そして、その中から、
心のそこから自分の全てを差し出してもいいと
思える人に出会える確立って、

どの位なんだろう・・・・。



ほんの小さな偶然が、

心の中に光を落とした。




いつもと変わらない毎日が、
輝いてくる。
あの人の事を思うと、
どんなことだって、がんばれてしまう。



恋って、本当に不思議だ。




恋をすると、
色んな経験をする。

楽しい事もあれば、悲しい事だってある。

笑いあえる日もあれば、喧嘩してしまう日もある。

そうやって、ヒトツ、ヒトツを経験して、
沢山の思い出を創り上げていく。

そう。
二人だけの、大切な「時間」という思い出を。



恋は、決して、キレイな事ばかりではない。

ウキウキして誰にでも優しくなれる女神のときもあれば、
不安にかられ、嫉妬にかられて、自分の中の悪魔を見ることもある。

そうやって、自分の中にある沢山の感情を確認する。

女神のようなな自分も、悪魔のような自分も、
全て、自分の中にある。

恋をするということは、
本当の自分の姿を見るということかもしれない。



どんなことだって、
「経験」という道を通らなければ、
わからない。
どんなに勉強したって、誰かから教わったって、
自分で「経験」しなければ、
「本当」は、わからない。




恋をすることによって、
沢山の経験をして、
本当の自分というものに出逢い、
新しい自分、
そして、
新しい自分の未来を創り上げていくんだろうな。





どんな出来事にも、決して無駄なんてない。

そして、

どんな事柄も、自分が成長したくて自分で招いた大切な経験。

失敗だって、どん底だって、

全てこの先の幸せのほんの一部分にすぎない。




最高の幸せを手にするために、

沢山の経験をしよう。

沢山の自分の感情をみつけよう。

そして、それら全てを受け止めよう。

わたしがわたしらしくあるために。


そう。


飾ったわたしではなく、ほんとうのわたしを

愛してもらうために。





posted by 月流音 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しと気付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。